東条城



東条城の歴史を訪ねる.
P1000602.JPG



物見櫓
P1000604.JPG


内側から
P1000611.JPG


東条城の歴史
P1000598.JPG


古城公園
P1000600.JPG


城址銘碑
P1000608.JPG



P1000612.JPG

本丸跡
P1000607.JPG


東条城

通称: 東条城

城郭構造: 平山城

天守構造: なし

築城主: 足利義氏

築城年: 不明

主な城主: 東条吉良氏、東条松平氏

廃城年: 天正9年(1581年)

遺構 曲輪:、土塁、堀

再建造物: 模擬櫓門、模擬櫓



東条城

築城年代は不明。一説によると、承久3年(1221年)に、足利義氏が築き、

三男吉良義継を入れる。以後、義継を祖とする前期東条吉良氏と吉良尊義

を祖とする後期東条吉良氏の居城となった。

城主の吉良氏は、戦国時代の義昭の時に永禄4年・同6年(1563年)と松平氏

の攻撃に相次いで敗れて退城、以後は東条松平家の居城となる。天正9年

(1581年)城主松平家忠(甚太郎)が無嗣で病没し、家康の四男・松平忠吉

が家忠養子となるが東条城には入らず、翌天正10年(1582年)には忠吉が

駿河国沼津城主となり東条城は廃城となった。





日本の「城」巡りTOP




posted by oojijisun at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。